スペシャルコラム

客員研究員<br>下中 菜穂

客員研究員
下中 菜穂

薬としての菊。愛でる菊。

奇数(「陽」の数)の重なる日取りを「五節供」として、時の流れに句読点を打ってきた暦。
いよいよ最大数の「九」までたどり着きました。
9月9日は「重陽(ちょうよう)」、菊の節供です。

陽の気は良いものではありますが、それも過ぎたるは及ばざるが如し。
この日を悪しき日であるとして、邪気を祓います。
しかし私達にとってこの行事は、ほかの節供と比べて、どこか馴染みが薄いのは否めません。

新暦ではまだまだ秋の気配が薄く、暑い盛りであることに加え、この節供の主役である「菊」の開花はまだまだは先ということもあるでしょう。
そのうえ、今や菊は、1年中いつでもある花になってしまいました。
本来の菊の開花時期はいつだったのかしら? なんだかそれも覚束ない始末。

下の写真は、新暦11月の東京で撮影したものです。
今年の旧暦の重陽は10月25日。それなら、そろそろ菊もほころびそうですね。 

では、「菊」の視点で「重陽」の行事を見ていきましょう。

■中国での菊――不老長寿の薬

まずは、菊の原産国である中国から。
中国では、花の少ない晩秋に、香り高く咲く菊の姿に高い精神性を感じ、蘭、竹、梅とともに「四君子(しくんし)」として詩に詠まれ、文様とされてきました。

また、中国最古の漢方書といわれる『神農本草経(しんのうほんぞうきょう)』(後漢〜三国時代に成立)には、めまいや眼病、耐老延年の薬として載っており、観賞より実用の植物でした。
中国の神仙の世界では、菊は霊薬とされ、『抱朴子(ほうぼくし)』の中には、菊を使った不老不死の薬の処方が次のように書かれています。

白菊の汁、楮(こうぞ)の汁、ヌルデの汁で丹(※水銀の鉱石鉱物のこと)を和え、これを30日間蒸したものを薬研(やげん)ですり混ぜる。1年間これを服用すると500年生きられる。老人が服用すれば若返り、少年が服めば歳を取らない。
(なんと! こんなに具体的に書いてあると、試してみたくなりますね。)

この菊の薬効ゆえに生まれたのが、重陽の「菊酒」の風習でしょう。
菊の咲く山里の水を飲む長寿の村の言い伝えもあり、この日に飲まれる菊酒には、長寿の効があるといわれています。
かつては菊花を入れて醸造したようですが、後には酒に菊の花びらを浮かせたり、葉を浸したりして香りを移すようになりました。

■平安時代の菊――宮中文化として展開

日本に菊が渡来したのは奈良時代だといわれています。
しかし、不思議なことに、160種類もの植物が取り上げられている『万葉集』には、菊の花を歌ったものがひとつもないのです。
そんなところから、秋の七草のひとつであるフジバカマ(藤袴)が菊のことだった、という説もあるようです。

平安時代の宮中では盛大な「菊花の宴」が催され、その中から日本独自の行事も生み出されました。
菊をテーマに歌を競う「菊合わせ」や、菊花の露を染み込ませた真綿で身体を拭えば若返るとされる「菊の着せ綿」の風習は、この時代の日本で生まれたものです。

 

【つづきは「くらしのこよみ友の会」会員サイトでどうぞ】
https://tomonokai.kurashikata.com/blogs/a7aff5316ba9

客員研究員<br>下中 菜穂

客員研究員
下中 菜穂

以て遠くを眺望すべし

「重陽」の節供をめぐって、「菊」の次に「登高(とうこう)」についてお話ししましょう。

登高とは、重陽に茶菓や酒肴を持って高いところに登り、野宴をはる風習のこと。
本来、小高い丘や小山に登ったようですが、後に寺塔や高い楼閣などに登るようにもなりました。

もともとは中国の風習で、こんな故事が語られます。

後漢の道士、費長房が弟子の桓景に「九月九日に災難があるから、家人とともに茱臾(シュユ)の実を入れた袋を肘に吊るして山に登り、菊酒を飲めば災厄から免れるだろう」と告げた。桓景が急いで故郷に帰ってその通りにし、翌日戻ってみると家畜が皆死んでいた。それでも家族は災厄を免れることができた。

この災厄とは疫病だったともいわれ、コロナ禍の渦中の私たちにとっては、「先人たちも数々の災厄を通り抜けてきたんだな〜」と、なんだか身につまされます。

■「登高」の目的とは?

「高いところに登る」。
それは、どんな意味があったのでしょう? 想像してみたいと思います。

旧暦9月9日は、収穫も終わり、ほっとひと息つく頃。実りの喜びをかみしめる秋です。
高いところからは、何が見えるでしょう?
眼下に見えるのは収穫の終わった田畑と穏やかな里の風景でしょうか。
はるか彼方には、まだ見ぬ世界が広がっているのが見えるかも知れません。

頭上の空は高く、雲が描く壮大な天上のドラマを目撃することもあるでしょう。
日常とは違う風景の中に身を置くことで、思いは遠く離れた故郷や人、来し方行く末におよぶかもしれませんね。

そもそも「眺望」という言葉は、単に眺めるだけでなく、「雲気を望みその妖祥を見ること」なのだといいます。
つまり、これから起こることを見通す大きな視点を持つための「高いところ」なのではないでしょうか?
収穫が終わる季節の節目に、視点を変えて、暮らしを振り返る。
1年の恵みを与えてくれた土地を眺望して感謝し、未来に思いを馳せる行為だったのです。

そう、

「以て遠くを眺望すべし」(『礼記』)

これこそが、「登高」の本当の目的でした。

これは今、コロナ禍で家に籠もり、視野が狭くなりがちな私たちにとって、まさに必要なことかもしれませんね(ああ、遠くが見たい!)。

言葉で「視点を高く」「先を見よ」と説くのではなく、「高いところに登る」という実際に身体を伴う行動に人びとを導き、自ずと気付くのを待つ。

この行事のなかには、そんな智恵が仕組まれていたのです。

さらに『中国の年中行事』(中村喬著 平凡社)によれば、「(春、水辺で遊ぶ)川禊ぎが身の過去の穢汚れを洗い流すのに対し、高爽眺望の秋は未発の不祥を祓うものであったといえる」とあります。

なるほど!
春に行われる「上巳(じょうし)」の節供(桃の節供)の流し雛や、海や川での野遊びには、農事の始まる前の「禊ぎ」の意味がありそうです。
収穫が終わった秋には、来年の実りを寿ぎ、これから起こるかもしれない災いに備えるということでしょうか。
このように1年の行事はお互いに響き合い、深い深呼吸をするように、過去と今、未来を行き来していたのです。

飛行機から地上の風景を「眺める」。これも現代の「登高」のひとつかも。

 

【つづきは「くらしのこよみ友の会」会員サイトでどうぞ】
https://tomonokai.kurashikata.com/blogs/dfeefd6885f9

ページの先頭へ