第五十九候 朔風払葉

第五十九候 きたかぜこのはをはらう

毎日少しずつ存在感を増してきた北風が木々の枝から枯れ葉をすっかり吹き飛ばしてしまいます。風が吹き止んだときにふと現れる、寒々と枯れ果てた景色に、不完全なものへの美を見いだすことも、日本人が育てた大切な感性のひとつといえるでしょう。「枯れ、冷える」ことをやがては「わび」、「さび」の世界への消化させていったいにしえの茶人の世界に思いを馳せてみたい季節です。

アプリ「くらしのこよみ」は、この七十二候の言葉をベースに、その季節を堪能できる俳句や旬の食べものなどの読み物・写真や図像を巻物仕立てでお届けします。内容は、七十二候にあわせておよそ5日毎に更新されます。ダウンロードはこちらから(無料)

iPhone
DOWNLOAD
iPad
DOWNLOAD
Google Play
Get it on Google Play
ページの先頭へ