第十四候 鴻鴈北

鴻鴈北 こうがん かえる

冬を過ごした雁(がん)が北国へと去っていきます。雁は「かり」とも読んだり、また鴈と書くこともあります。季節の訪れとともにその姿を現す候鳥(こうちょう)として、春に飛来し秋に去る燕(つばめ)と対をなして、暮らしや文学の上で親しまれてきました。群れをなして生活し、連なって飛ぶ様子がしばしば見られます。

アプリ「くらしのこよみ」は、この七十二候の言葉をベースに、その季節を堪能できる俳句や旬の食べものなどの読み物・写真や図像を巻物仕立てでお届けします。内容は、七十二候にあわせておよそ5日毎に更新されます。ダウンロードはこちらから(無料)

iPhone
DOWNLOAD
iPad
DOWNLOAD
Google Play
Get it on Google Play
ページの先頭へ