第六候 草木萌動

第六侯 そうもく めばえ いずる

今年も新しい命が春の訪れを感じ、土の中や枝々からいっせいに芽生え始めます。山々がみずみずしい緑一色に覆われるのはもう少し先ですが、ふとしたとき、足もとや庭木の先にほんのりと薄緑に色づく芽を見つけると、なぜかやさしい気持ちになれるものです。

ページの先頭へ