第三十二候 蓮始開

蓮始開 はす はじめて ひらく

深夜二時過ぎ、闇の中でひっそりと蓮の花が開き始めます。水面からすっくと花茎を伸ばし、ゆっくりつぼみをほどいていく様は、見る者を幽玄の世界にいざなうかのようです。花が完全に開くのは明け方で、昼過ぎには閉じてしまいます。これを三日繰り返し、四日目、花びらは再び閉じることなく散っていきます。涼気が残る夏の朝、極楽浄土の風景に触れてみては。

アプリ「くらしのこよみ」は、この七十二候の言葉をベースに、その季節を堪能できる俳句や旬の食べものなどの読み物・写真や図像を巻物仕立てでお届けします。内容は、七十二候にあわせておよそ5日毎に更新されます。ダウンロードはこちらから(無料)

iPhone
DOWNLOAD
iPad
DOWNLOAD
Google Play
Get it on Google Play
ページの先頭へ