第五十六候 地始凍 

第五十六候 ちはじめてこおる

これから先、ぴんと張り詰めた冷気のもと、地面の土が固く凍てつく朝もあることでしょう。
夜間の冷え込みもいっそう厳しく、冬になったことがはっきりと肌で感じられる時節です。
季語の世界でも、「海凍る」「川凍る」「滝凍る」さらには「月こおる」「鐘こおる」まで、豊富な「こおり」に出会うことができます。耳にするだけでも思わず背をちぢこめたくなる、そんな響きを噛みしめれば、冬もまた、味わいの深い季節となっていくのではないでしょうか。

アプリ「くらしのこよみ」は、この七十二候の言葉をベースに、その季節を堪能できる俳句や旬の食べものなどの読み物・写真や図像を巻物仕立てでお届けします。内容は、七十二候にあわせておよそ5日毎に更新されます。ダウンロードはこちらから(無料)

iPhone
iPad
Google Play
Get it on Google Play
ページの先頭へ