第六十八候 水泉動

第六十八候 しみずあたたかをふくむ

一年でいちばん寒さの厳しい時期に向かい、人々も背をちぢこめて歩く姿が目立ちます。

そうした中、地中では陽気が生じ、凍った泉では水が少しずつ動き始める、そんな様子を表す言葉です。目にはみえないけれども、自然界では少しずつ春に向かって変化が起きていることを見逃さない、先人の確かな観察眼を感じ取ることができます。

旬のレシピ

緑花野菜(ブロッコリー)と豚肉のソテー

koyomi-recipe68
写真・松尾成美 / フードスタイリスト・marimo

一年でいちばん寒さの厳しい時期に向かいますが、地中では陽気が生じ、凍った泉では水が少しずつ動き始めているようです。ブロッコリーを鮮やかな緑色に仕上げて、春の気分を先取りしましょう。栄養も豊富な一皿。

作り方は書籍『くらしのこよみ 七十二候の料理帖』をぜひご覧ください。
書籍の詳細はこちら

アプリ「くらしのこよみ」は、この七十二候の言葉をベースに、その季節を堪能できる俳句や旬の食べものなどの読み物・写真や図像を巻物仕立てでお届けします。内容は、七十二候にあわせておよそ5日毎に更新されます。ダウンロードはこちらから(無料)

iPhone
DOWNLOAD
iPad
DOWNLOAD
Google Play
Get it on Google Play
ページの先頭へ